いかちゃんの物語

twitter ID:ikashi283

アメーバの日々

気づくと僕は透明なアメーバだった。周りにいたアメーバは赤や黄色、青の色をしていて透明なのは僕だけだったから、周りにいるアメーバは僕と仲良くなんてなろうとしなかった。
色の違うヤツとはみんな関わろうとしないから、ミクロの世界はとても厳しい世界なのだとその時知った。

じゃあ、透明なアメーバの仲間を作ろうと思い、僕らはアメーバだから無性生殖で増殖できるはずなのだけれど、透明なアメーバである僕にはどうしてもそれができなかった。
と言っても、僕はもともとアメーバではなくもっとこう、知性溢れる生き物だったような気がするから、アメーバとして増殖したい気持ちもあるけど、知性ある生物に戻りたい気持ちの方が強かった。
知性ある生物に戻りたいと思うと同時に色のついたアメーバたちは何も考えずどんどん増えていって、アメーバとしての僕はより一層孤独になっていった。

色のついたアメーバの中にはもともと透明なアメーバだったと話す者もいて、そのアメーバたちは口々に僕に言った。
「あなたも染まっちゃえばいいじゃん、そうすれば増殖できるよ。私が染めてあげようか?」
それは優しさからくる言葉なのかそれとも自分の色のアメーバを増やしたい気持ちからくる言葉なのか僕にはわからなかった。
だけどその言葉を受けるたびに何か不快な臭いのする泥のようなものが細胞の核から湧き出てくるような気がして、僕は言うのだった。
「遠慮しときます。僕は透明で大丈夫なんで」

そうすると色のついたアメーバたちは無口で僕の元を去っていく。
僕にはそれが当たり前だったのだからなんとも思わなかったし、だけど、そういう対応をされるたびに少しずつ僕の心が死んでゆく感覚がしていた。

そうやって僕はアメーバとしてこの水中をひたすら生きてゆくのだろうか
そう思いながら水中を漂っていると、僕は、あるものに出会った。


僕と同じ、透明なアメーバだった。
初めは細胞核だけが浮いているように見えて何かわからなかったのだけれど、よく見ると僕と同じ透明なアメーバだと気付いた。
でも、少しだけ灰の色が混ざっているようだった。
灰のアメーバは僕に気づいたらしく、話しかけてきた。

「やあ、こんばんは。君にも色がないのかい」
「うん。僕と同じようなアメーバ、初めて見た。」
「僕もだよ。よかったらその辺にいるミカヅキモを見に行かない?暇つぶしにちょうどいいんだ」
「いいよ」

そうやって僕らはミカヅキモを見に行った。
ミカヅキモは綺麗な緑色をしていたし名前の通り三日月のような形をしていて、その集団がユラユラと揺れる姿は月がたくさん浮かぶ架空の星空を眺めているみたいに幻想的だった。

灰のアメーバが呟いた。
「僕らもミカヅキモだったらもっと楽しく生きれたのかなあ」
細胞核がユラユラと揺れていてそれはまるで泣いている人が口を震わせているようにも見えた。
「なんて、冗談だよ」
僕は何も言わずにまたミカヅキモの方を見た。

少しして、灰のアメーバの細胞核が揺れなくなったのを見て、僕は思い切って聞いてみた。
「どうして僕らのようなアメーバは仲間を増やすことができないんだろう」
「それはね、何ものにも染まろうとしないからさ。何ものにも染まろうとしないやつにミクロの世界は厳しいんだよ」
「そうなんだ」
「じゃあ、僕らって何者なんだろう?」
「僕らは何者でもないし、何者にもなれないんだ。もともと知性ある生き物だった時の記憶があるだろう?それを持ち続ける限り、僕らは孤独で生きていかなきゃいけないんだ。」
僕はこの灰のアメーバは色んな答えを知っていてすごいなと思った。
もっとこのアメーバと一緒にいたいと思った。このアメーバと一緒にいればもっと自分がどうすればいいのかわかる気がした。

そう思っていると、灰のアメーバが言った。
「透明のアメーバ君、僕たちはずっと友達だ」
「うん」
「一緒に知性ある生物に戻ろう」
「うん」
「何年か、何億年後のことになるかもしれないけど」
「うん」
「だから、僕らは一緒に知性ある生物に戻って、二人で文章を書くのさ。アメーバに体験記って伝記だ。」
「いいね。それは」
「歴史に名を残すぞ」

僕の心はどこか満たされたような気持ちになった。

それから何度も灰のアメーバと遊んだ。
色んな微生物を見に行ったり、色んなところに行った。

灰のアメーバとは気持ちが分かり合えていたから、僕は一人じゃないんだと思えた。
ずっとこのまま一緒なのだと、そう思っていた。


そしてまたある日、灰のアメーバに僕は会いに行った。
しかし、その日会った灰のアメーバは僕が知っている灰のアメーバとは全然変わってしまっていた。
灰のアメーバは、真っ黒なアメーバになっていた。
細胞核なんかどこにも見えなくて、ただただ真っ黒なアメーバになっていた。
アメーバというより油の塊か、はたまたこの世の憎悪の全てを凝縮した塊に見えた。

「どうしたんだ、、、灰のアメーバ君」
「奴らにやられてしまったんだ・・・クソやつらめ・・・殺してやる殺してやる」

そんな言葉を吐いている灰のアメーバを初めて見た僕は怖くなって、真っ黒なアメーバから逃げ出した。
真っ黒なアメーバは聞こえるか聞こえないかくらいの掠れた声で「待ってくれよ」
と言ったが、僕はその懇願するような声すら憎く感じて何も言わずに逃げた。

あんな真っ黒なアメーバ、僕の知ってる友達じゃない・・・キモチワルイ

僕は真っ黒なアメーバともう会わないようにと思って遠くに逃げた。


それからどれくらい経ったのだろう。
灰のアメーバを失ったことで、果たしない孤独に襲われている自分に気付いた。
どうして僕はあの時は真っ黒なアメーバを助けてやらなかったのかと自分を責め始めた。

本当に僕の大事な友達だったのに。

でももう灰のアメーバは僕の眼の前に姿を現わすことはないのだ。
今では彼が何をしているのか、生きているのかすら知るあてがない。

また会えたら二人で知性ある生物に戻れるのかなあとばかり考えながら日々が過ぎてゆく。

今でも僕はたまにミカヅキモを見に行く。
薄らと自分の細胞に、青い色がついてきた気がする。
知性ある生物だった頃の記憶は、もう無い。