いかちゃんの物語

twitter ID:ikashi283

もしも ぼくが 風 だったら

もしも ぼくが かぜ だったら

 

いつも やまの てっぺんの うみが みえる ひろばで そよそよと ふいていたい

 

ひろばであそぶ こどもたちの あせを かわかしたり

 

ひろばの すみっこで のびきった くさ を やさしくゆらしたり

 

とばされた かみひこうきの ゆくえを すこしだけ そらしたり

 

たまに うみ から ふいてくる しおかぜとぼくが まざりあって ひとつになると どこか べつのところへ いきたい という きもちになり まちに とびだす

 

そして まちのなかで はいきガスの まざった よごれた かぜ に であい どうしたんだいと きいて

 

だいじょうぶ ぼくとまざれば よごれも はんぶんこ と こえをかける

 

ぼくは きれいな かぜだから きっと へいき

 

 

そして つぎのまちに いく

 

つぎのまちにいく とちゅう きれいな かわ のよこを とおる

 

きれいな かわの ちかくの かぜは きれい だけど なぜか ぼくにつめたい

 

きっと ぼくが はいきガスと まざってるからだ

 

 

そして ぼくは つぎのまちに つく

 

つぎのまちの くうきは まえの まちの くうきより もっと もっと よごれていて

 

でも ぼくは もし まっくろに なっても

 

だいじょうぶ ぼくとまざれば よごれも はんぶんこ と こえをかけたい